アクセスカウンター
イスズ自動車スズキ自動車光岡自動車メルセデスベンツgmc

最新日記

5月21日(日曜日) 晴れ


 大学時代のギターの師匠、平木勝津夫氏を偲んで、アルスノヴァの会の第5回目が行われた。なんだか少しずつ集まる人数が少なくなっているような寂しさも感じるが、今年は12人の音楽愛好家が集まり、ギター、ピアノ、ヴァイオリン、コントラバスの音色を楽しんだ。僕が演奏したのは久しぶりにアルベニスのアストゥリアス。2重奏としてフェルナンド・ソルの月光、3重奏としてシンコペーテッド・クロックとジ・エンターテイナー。


5月22日(月曜日) 晴れ


 友人からの勧めで、1980年の映画「ある日どこかで」を見てみた。スーパーマンを演じたクリストファー・リーブ主演。スランプに陥った脚本家が偶然訪れたホテルに飾ってある女優の写真に恋をしてしまい、タイムトラベルをして彼女に逢いに行くというもの。かなり賛否両論分かれる映画だ。確かにSFとして見たらタイムトラベルの方法や表現がチープだという意見も分かる。また甘々の恋愛映画じゃないかという指摘も。しかしこの映画は音楽の使い方が上手く、ほんのちょっとしたシーンが心に深く残るカルト的古典だ。だいたい、タイムマシーンなんて見せてしまったら、それこそ嘘くさくなってしまう。見せないほうが正解。それに、見方によっては女優霊に引き寄せられて命を落とす可哀想な男という、ちょっと怖いホラー的な見方もある。じっくりと腰を添えて映画を見る人にお勧め。「踊る大捜査線 THE MOVIE」の真逆の映画だね。