10月2日(水曜日)曇り時々晴れ

 どうやら10月29日(火曜日)あたりにAppleの製品発表会が行われるのではないかという情報が入ってきた。いよいよMacProの発売アナウンスがあるかな。確実視されているのは新しい16インチのMacBook Proらしい。それと新型のAirPodsも出そうだ。僕は突発性難聴を経験して以来、ほとんどヘッドホンやイヤホンをしてこなかったのだが、2週間くらい前にドラクエウォークというゲームを始めてからは、ウォーキングの時にAirPodsを付けるようになった。やはりすぎやまこういち氏の音楽を聞きながら歩き、戦ってこそドラクエだものね。それと、iPhoneを使って無くし物を探せる「忘れ物タグ」も出て欲しいな。

10月6日(日曜日)曇り時々晴れ


 相変わらずドラクエウォークにはまっている。おかげで食後の散歩が日課になったので健康を保てていると思う。このゲームは基本的なストーリーの他に期間限定で別のサイドストーリーに寄り道することができる。今配信されているサイドストーリーはドラクエ1の世界。つまり竜王が復活して世界を脅かしている。そこで勇者はロトの印、雨雲の杖、太陽の石などを持って虹の架け橋を作り、竜王の城へ乗り込んで、竜王を倒さなければいけない。僕はこの日、やっと竜王の城へ入った。十分にレベルを上げていたので、危なげなく竜王撃破。さあ、これからは繁華街に出現するメガモンスターとしての竜王を倒さなければな。
 ところで、竜王と対面した時に、竜王はあの有名な台詞を勇者に話す。「わしの仲間になれば、世界の半分をおまえにやろう。どうじゃ、わしの仲間にならないか」。この質問に対して「いいえ」と「はい」の二択になっている。もちろん「いいえ」を選んで戦い始めるのだが、ファミコンやスマホで遊んでいて「はい」を選ぶと、竜王は「そうか、これでおまえの旅は終わった。ははは」と言って、レベル1,装備ゼロになって振り出しに戻ったりするはず。果たしてスマホのドラクエウォークでこれをやったらどうなるのか、興味あったが、さすがに「はい」は怖くて選択できなかった。

10月7日(月曜日)曇りのち雨


 話題の映画「ジョーカー」を日比谷で鑑賞してきた。なんと封切り4日後だけど、パンフレットは完売とのこと。この現象は「シン・ゴジラ」以来。まあ、もう一回は見に来るからその時に買うことにしよう。
 さて、映画はどうだったのか。素晴らしい出来。特に撮影と音楽に満足。音楽はオーケストラサウンドからクリームの「ホワイトルーム」までいろいろな曲が使われている。そして“やってくれたか”と関心したのが、人を傷つけると返り血を浴びる、つまり人間から血が出るという描写。実はクリストファー・ノーランのダークナイト3部作では殺人や暴行シーンで血はいっさい見せない。最近の映画では子供の教育と興行収入を考えて、暴力シーンでは血を描写しないために、ちっとも現実感が無いと思っていたところだ。「ジョーカー」ではR指定にしてでも、血は見せたかったのだろう。ジョーカーの白塗りした顔に赤い返り血が飛び散るのは恐ろしいが美しくもある。
もちろん、こんな映画は子供に見せるべきではないという意見がある。僕はそうは思わない。見たいのならバンバン子供に見せればいい。僕らの子供時代、小学生や中学生の時に永井豪のデビルマンを読んでいた。だからといってあのマンガが原因で異常者になった友人はいなかった。今は臭い物に蓋をしすぎだろう。トラウマになったっていいんじゃない? よく大人になってから「いや~、あれは子供心にトラウマになったんだわ~」っておじさんたちが楽しそうに話したりするでしょ。
 それと、匿名掲示板を読んでいると、すべてが夢オチ(妄想)でしたと言っている人がいるけど、そんなこたぁ無い。そりゃ深読みのしすぎ。最近のJpopの歌詞がまったくつじつまが合っていないために、勝手にああだこうだと解釈するのが流行のようだが、この映画をすべて妄想だと片付けるのは無理矢理過ぎる。妄想とハッキリしているのは、シングルマザーの住人とちょっと良い関係になったという所と、バラエティ番組で司会者に褒められハグされた所くらいだと思うな。
 最近の映画で「この映画は予測不能」とか「誰も思いつかないラスト5分のどんでん返し」とかいうキャッチコピーをよく目にするが、この映画はそれらとは真逆だ。社会に無視され続けた男が予定調和のようにジョーカーになっていく課程をじっくりじっくり丁寧に描いていく。映画「タクシードライバー」に共感する人には絶対にお勧め。

10月10日(木曜日)晴れ

 ネットの匿名掲示板を見ていると、興味深いスレッドがあった。「ストリーミング時代の音楽はイントロ無しが当たり前?」というタイトル。箇条書きになっていて、 1. さらば、イントロ(20秒→5秒に) 2. 曲名は短くなった(スマホの画面に収まるように) 3. リフレインは突然に(スキップされて別の曲に進まないように) 4. ソロはどこへ消えた(楽器が弾けません) 5. 曲自体も短くなった (どうせ長くてもスキップされる) 6. プアなミックス(どうせイヤホンで聴く程度)などなど。もう本当にポピュラー音楽は滅びの一途を辿っている。なーにがストリーミング時代のビジネスモデルだよ。はたして音楽を教えるという職業をあとどれだけやっていられるだろうかと、ふと考えてしまう。

10月14日(月曜日)雨


 12日の台風19号が猛威を振るった日にNHK-BSで放送されたドラマ「八つ墓村」を録画再生で鑑賞。金田一耕助役は吉岡秀隆、事件に振り回される青年、辰弥役を村上虹郎、辰弥を八つ墓村へ案内する森美也子役を、真木よう子が演じている。僕は原作を読んだことがなく、1977年に松竹で制作された映画版しか見ていない。渥美清が金田一耕助役という信じられない配役だったが、辰弥を演じる萩原健一が渋かった。この松竹の映画では原作の設定を大きく変え、犯人の動機も違うし、重要なメモも残されない。その代わりにホラー映画かと思わせるほど、落ち武者の無念が描かれ、独特の音楽と共に背筋がぞっとする恐怖を味わえる。ミスキャストかと思った渥美清演じる金田一耕助がエピローグで淡々と事実を補足していくのも怖かった。
 松竹の映画に比べると、今回のNHK版は原作にわりと忠実だったようだ。でも、どうしても吉岡秀隆演じる金田一耕助に違和感が残ったまま終わってしまった印象がある。金田一の声ってもっと低い方がいいと思うんだよね。やっぱり三丁目の夕日の売れない小説家の印象が残ってるのかな。ただ、多治見要蔵が気が狂って村人たちを襲うシーンは凄かった。映画ジョーカーでもそうだが、ちゃんと流れる血が描写されている。他にも、これってNHK?と疑うような濡れ場もあり見応えは十分だった。

10月17日(木曜日)雨


 先日、NHK-BSで鑑賞した「八つ墓村」に影響されて、今一度、東宝の問題作、市川崑監督による1996年の「八つ墓村」を検証してみたくなって、レンタルしてみた。金田一耕助役は豊川悦司である。確か、封切りの時は映画館に多大な期待をして行ったのだが、がっかりして帰ってきた想い出がある。あらためて鑑賞してみて、これって本当に市川崑監督の作品なのだろうかと疑問を持ち始めた。いくら何でもすべてが違いすぎる。まさか体調が悪かったか、ビジネス上の折り合いがつかず、実際は別の監督が撮って、名目としては「市川崑」ということにしたんじゃないかとさえ思ってしまう。脚本、演出、演技、音楽、すべてがそれまでの「犬神家の一族」や「悪魔の手毬唄」などと比べると違いすぎるのだ。映画芸術は1990年頃から映画産業になった。市川監督の「八つ墓村」は製作が東宝、角川書店、そしてフジテレビと3つの会社の合同によるものだ。当然ながら各社が売り込みたい内容が違っていたり、まとまらない意見の対立、コストの限りない削減もあったであろう。それでも、これはねえ・・・・。

10月21日(月曜日)雨


 1978年にTBSでドラマ化された「八つ墓村」をAmazon Primeで見てみる。金田一耕助役は古谷一行だ。1時間番組5回でストーリーが進むため、話の展開が遅く、じれったく感じる時もある。ラストが原作とは正反対でバッドエンドだというのは、情報では知っていたが、描写の仕方でそれほど暗くはない。美也子役の鰐淵晴子が妖艶で美しいし、日和警部役の長門勇もいい味出している。ただ音楽がどうにも今ひとつなんだがな。

10月24日(木曜日)曇り


 茨城や小平へといろいろ忙しく動く。茨城での所用の際は、大抵昼食は「とむとむ」という喫茶店で済ましている。ここはどの料理も美味。いつもはビーフシチューなのだが、この日はナポリタンのチーズ焼き。コーヒーはサイフォンに入れたまま運ばれてきて、コーヒーカップに2杯半は楽しめる。さらにデザートのシフォンケーキも美味!お店は柱の無いドーム状の建物で、木のぬくもりが感じられる素晴らしい作り。残念ながらしばらくは来られなくなるかな。

10月27日(日曜日)曇り


 吉岡秀隆が金田一耕助を演じるのは、今年の「八つ墓村」が初めてではなく、その前に「悪魔が来りて笛を吹く」があったらしい。見なかった。と思ったら少し音楽は変えられたものの、DVD化されてアマゾンで売っていたので、ポチってみた。たしか以前に他の配役での映画かドラマを見たような気がしたのだが、どうにもストーリーをはっきり覚えていない。今回も、途中までは全然人物関係が飲み込めず、これはいかんと思って、ネットであらすじを読んで確認しつつ、見続ける。こんなことは映画館では出来ないわな。
 何のことはなく、映画の後半1時間近くをかけて、金田一が丁寧に事の成り行き、血縁関係などを説明してくれる。ただ、金田一ものではよく思うのだが、犯人の動機が今ひとつ伝わってこないことが多い。それは時代が違うのか、それとも横溝正史の原作がそういうものなのか。
 「八つ墓村」ではちょっと不自然に感じた吉岡秀隆の金田一だが、なぜか今回のほうが、膨大な台詞をしゃべり続けるのだが、似合っていると感じる。それにしてもNHKはBSともなると、こういう原作でこういう映像を作れるのね。見直した。

10月30日(水曜日)曇り


 Appleから発売された新型のイヤホン「AirPods Pro」を購入した。28日にAppleのオンラインストアでポチって30日の発売日に到着。装着してみて、おやっ!と思った。リビングでかかっているテレビの音が急にほとんど聞こえなくなった。これがノイズキャンセリングか。昔BOSEのヘッドホンで経験したことがあるが、AirPods Proのほうが強力に感じる。
 待てよ、この静寂さは前に経験したことがある。そうだ、突発性難聴になって右耳がほとんど聞こえなくなった時だ。あれに近い。僕はあの状態はそれほど嫌でもなかった。騒音がすべて遮断されカプセルに隔離されたように感じたものだった。
 AirPods Proの面白いのは、ノイズキャンセリングをオン、オフにするだけでなく、積極的に周りの音をマイクで拾って耳に流すモードがあること。「外音取り込み」モードと呼んでいる。これにすると、耳栓型イヤホンなのに、まるで装着していないかのように周りの音がよく聞こえる。ノイズキャンセリングの技術は、周りの音をマイクで拾って分析し、逆位相の音を重なると、その音は聴覚上は聞こえなくなるという仕組みだ。ただうまく開発、調整をしないと、イヤホンから流す音楽の音質までも変えてしまう。ノイズキャンセリングはBOSEの天下だったのだが、最近はSONYのカナル(耳栓型)のイヤホンが人気だったようだ。それが、今回Appleから突然発表会も行わずに、それらを上回る性能のイヤホンが発売されたわけだから大変だ。とにかく、何でもかんでもとりあえずは、けなしまくる匿名掲示板でさえも絶賛されている。
 
 僕は夕方に、池袋のファミリーマート・イートインスペースでも使ってみた。店内はもちろんかなりの音量で音楽がかかっていて、人の話し声も大きい。しかしAirPods Proを装着してノイズキャンセリングをオンにしてみた瞬間に、かなりの静寂が訪れた。これならクラシックギターの音楽でピアニッシモの表現だって十分に楽しめる。ブラボー。

11月6日(水曜日)晴れ


  映画を2本続けて鑑賞した。1本目は、もしもビートルズがこの世にいなかったらという、音楽ファンタジーの「イエスタデイ」。まず前提が無理矢理すぎるけど、ビートルズを知らない世代に彼らの楽曲を届けるということでは、大成功しているだろう。だって、平日だというのに映画館はかなりの客足。しかもほとんどが若者!これはびっくりした。「ボヘミアンラプソディ」のような伝記映画ではなく、あくまでも主題は黒人青年と白人女性とのラブストーリーにしているのがいい。ビートルズに関係無く、1本の恋愛映画として楽しめる。ただ、気になるのは、ビートルズのそれぞれの名曲は、あの時代あの空気の中で発表されたからあれほど売れたのであって、今やビートルズのような楽曲は星の数ほどある。それらを聴いてきた現代の若者が、純粋にビートルズの楽曲を全然違うカバー演奏でそれほど絶賛するかな・・・と考えてしまった。楽曲の魅力で言えば、クイーンやエルトン・ジョン、ビリー・ジョエルだって負けないしね。

 もう1本は邦画の「スペシャルアクターズ」。あの「カメラを止めるな」の上田監督の新作だ。どうも流行っている様子はなく、上映館や上映回数もどんどん少なくなっているようで、不安だった。匿名掲示板でもほとんどけなされまくってるし。ところが、鑑賞してみて、やっぱりこの人は才能あるなと再認識した。設定が面白いし、役者さんはみんな熱いし、話の結末はなかなか見えてこない展開が続く。そしてラストはちゃんと役者さんへの愛が感じられる。ストーリーは、緊張すると気絶してしまう役者志望のさえない若者が、インチキ宗教団体に潜入して、その悪事を暴くというもの。雰囲気としては仲間由紀恵が演じていたテレビドラマの「トリック」に似ている。だからポスターもそのノリで作ってあったようだ。この映画、よく制作がOKになったなと関心した。こんな映画がヒットされちゃ困る立場の人って相当いるんじゃない? だからそういう人達はこの映画はつまらないとディスるわけだ。上田監督の手腕を認めている人なら今作も見てみたほうが良いと思う。

11月9日(土曜日)晴れ


 個人的には今年の最大の話題作だと言っても過言ではない。「ターミネーター:ニュー・フェイト」が公開された。「ジョーカー」の時に3日でパンフレットが一時売り切れになってしまったことから、今回は封切り2日目に見に行った。場所はまたもミッドタウン日比谷。ターミネーターシリーズは1作目が低予算にもかかわらず大ヒット。そしてたっぷり制作費をかけた続編の「T2」もそれ以上の大ヒットとなり名作となった。ところが売れすぎたことと、ジェイムズ・キャメロン監督の私生活のゴタゴタ?で彼に続編を作る権利は無くなり、キャメロン不在のまま3作目、4作目、5作目が作られていった。そして作る度に駄作だ、なんでこうなった!と批判されてきたのだ。それが今回、権利関係も修復され、キャメロンが製作に大きく関わった(監督はしていない!)正式な「T2」の続編となる「ターミネーター:ニュー・フェイト」が作られたのだ。僕のようなキャメロンの信仰者はこの時を待っていた。今度こそ、もう一度「T2」を越える驚きとスリルと感動を頼んだぞ、という思いだった。
 ところが、封切り直前にアメリカで大コケしたという話が飛び込んでくる。ウソでしょ、と疑心暗鬼になりながら映画館に足を運んだ。そして見た。納得した。まだ封切り3日しか経っておらず、これから見る人たちもいるだろうから、ネタバレは何も話したくない。別の方向から話そう。映画「イエスタデイ」を見た時に、もし2019年の現代に、ビートルズを知らない若者にビートルズの曲を口ずさんだからと言っても、「凄い名曲ですね」と反応するだろうか、ということ。僕らはイエスタデイにしろ、レット一イットビーにしろ、ヘイジュードにしろ、すべて名曲だと刷り込まれているからそう反応してしまうが、それはその時代の音楽の状況、世の中の流行、空気感の中で受け入れられ、絶賛されたものだ。ターミネーターも、あの時代には凄かったのだが・・・ということ。
 もう一つは、年老いたロックバンドを例に話そう。例えばKISS。来月来日公演を行うのだが、僕は行かない。ロックとは若者がエネルギーを爆発させるからこそ、ロックなのであって、ステージを駆け回ることもジャンプも出来なくなったのであれば、奏でる音楽も変えるべきなのではないかというのが持論だ。ロックミュージックの理想を考えれば、老兵は去るべきなのかも知れない。ところが、現代の若者はロックではなく、ヒップホップのほうに行ってしまった。それに、プロモーターとしては無名の若者ではなく、30〜40年かけて築いたネームバリューのほうが失敗することなく大きな儲けになる。そういう事から、20世紀に売れた有名バンドが老体にむち打ってツアーに出なければならないという事情。なんか違うと思うんだがな。「ターミネーター:ニュー・フェイト」を見ていて、そんな二つのことをずっと考えていた。これから見に行く人は、大きすぎる期待をせずに見に行くことをお勧めする。