10月1日(月曜日)快晴


 所用で埼玉のふじみ野市へ車で出かける。お昼になったのでどこかのファミリーレストランに入ろうと思ったら、なんと目の前にららぽーと富士見がド〜ンと登場。思わずパーキングに停めて中に入ってみる。レストランもたくさん! 串揚げのお店「串家物語」が目にとまったので、久々に利用。食べ過ぎ注意、絶対に注意と思いつつ、どうしても少し多めに食べてしまう。結果、夕食はまるでコンチネンタルブレックファーストのような食事になった。

10月2日(火曜日)快晴


 本当はもうちょっと早めに公開する予定だった動画が、ようやくYoutubeで一般公開。iTunesやハイレゾのe-onkyoで発売(もしくはストリーミング配信)しているニューアルバム「純正律ギターの響きに包まれる宮崎駿の世界」の解説動画です。なぜ僕はこの数年、こんなにもギターのチューニングや音律に興味を持っているのか。そしてもしも頭の中で鳴っている音を実現したらどういう音楽になるのか。この動画を見れば解ります。視聴はこちらです。

10月3日(水曜日)晴れ時々曇り


 先月に続いて、今月も茨城県の龍ケ崎に出かける。前回は電車で「入地」駅を利用したが、今回は車で行ってみる。我が家からは1時間半くらいの距離だった。そしてとんでもない事に気がついた。入地駅から目的地までの徒歩5分くらいは畑のみで、何のお店も無かった。ところが、車で行くと、駅の反対方向から目的地に向かうことになる。そこにはレストランのサイゼリアだのガストだのすき家だの選り取り見取り。そうだったの! 思わず昼食はガストの生姜焼き定食になった。ライス少なめね。

10月4日(木曜日)曇り時々雨

 熊本の市議会で議員がのど飴を口にくわえて質疑をした事が問題となり、8時間も審議が中断したというニュースをテレビで見た。これは、のど飴なめながら議会に出る議員さんがいけないだろう。学校だって会社だって風邪をひくのは「体調の自己管理が出来ていない」と見なされるのだ。それに、この議員さんは何時間もしゃべりっぱなしになるわけじゃない。それなら喉の痛みをこらえてガラガラ声でもその状態で話せば、何の問題も起きなかったはず。議会が神聖な場所だから口に食べ物を入れて発言などしないというのは正しいと思う。例外を1つ通すとそこからすべては崩れていく。人間社会なんてそんなもの。

10月5日(金曜日)曇り時々雨


 秋学期から始まっているメディア作品分析IIの授業の主旨はレコーディング技術とメディアの変換の歴史を学ぶことだ。基本的に毎週アナログレコードを1枚再生している。先週は井上陽水の「氷の世界」、今週は中島みゆきの「臨月」、来週はサザン・オールスターズ、来来週は荒井由実、オフコース、ビートルズ、イーグルスと続いていく。レコードとCDを聞き比べたり、レコードをカセットテープにダビングして音質比較を行う。CDであればMDにダビングしたりMP3に変換したりしての比較になる。それにしても、この授業、70年代のアナログ名盤がたくさんピックアップされるので、受講したいおじさん世代も多いのかも知れないな。

10月7日(日曜日)晴れ


 6日の土曜日は所用で1日埼玉県で打合せ。そして7日の日曜日は法事で東京の平井から千葉県の流山へ。写真は平井のガストでのモーニング。目玉焼きかスクランブルエッグかでずいぶん悩んだ結果目玉焼きにしてみた。でもお皿にはケチャップ? う〜ん、僕は目玉焼きにはソース派なんだけどな。ケチャップねえ。卵をスクランブルで混ぜたら文句なくケチャップなんだから目玉焼きにでもおかしくないという道理かな。はい、ケチャップでいただきました。
 流山に着いてみると、なんとマラソン大会をやっていて、交通規制が行われている。ナビどおりに墓地に行こうとすると、ことごとく進入禁止。おいおい、どうやって墓地に行けって言うんだ? 時間は迫ってくる。交通整理の人に聞いても道をよく知らない。とにかく経路を外れる度にナビが新ルートを示す。なんだかえらい遠回りをして目的地到着。疲れたよ。

10月8日(月曜日)曇り


 先週はいろいろと出かけてウォーキングも満足に出来なかったが、ようやく月曜日になって定番コースを歩く。するとびっくり。大木が根っこから折れている。よく見ると中はスカスカになっているから、枯れかかっているような木なのかも知れないけど、倒れた大木は小さな木に支えられて地面まで落ちずに止まっている。これは危ない。立ち入り禁止の黄色いテープが貼られているが、道行く人がみな見物していく。

10月9日(火曜日)晴れ


 秋晴れのいい天気だ。でも気温はなんか高め。この日は夏が終わって初めて昼食にラーメンをと思っていたのだが、気分的には冷やし中華のほうが良かったかも。
 贔屓にしているのは日清の「行列の出来る店のラーメン 担々麺」。これはヘタすると本当にお店のラーメンよりも美味しいと思う。

10月10日(水曜日)晴れ


 午前中の床屋から始まっていろいろと都内を移動。今月下旬には福井県の芦原温泉にも自主映画関係で行くので切符を購入。写真はと某所でいただいたケーキ。これがボリューム満点で旨い! おかげでこの後、またいろいろと動けた。
 夜は木曜日、金曜日の授業の準備。メディア作品分析でもうすぐカセットテープを紹介するのだが、ネットで調べていると面白い考察が見つかった。カセットテープがあんなに人気を博したのは、レコードから好きな曲を並べて車で聴きたいという需要があったから。な〜るほど、CDになってからは針飛びを気にせず車でも聴けるようになったけど、レコードはさすがに車では聴けないものね。実は車搭載の製品も作ったそうだが売れなかったらしい。

10月11日(木曜日)曇り時々雨

 何十年ぶりかで、勉強のためにラインマーカーが欲しくなった。コンビニで購入しようと思って文具のコーナーを見てみると、蛍光ペンと書いてある。「ラインマーカー」って現在は使われない死語なんだろうか。そういえば、通勤途中のラジオでは、ずっと間違って覚えていた言葉という特集を話していて、運転しながら大笑いしてしまった。僕の場合は子供の頃「波浪注意報」というのを「Hello注意報」と認識してしまって、いったいどういう意味なんだろうかと悩んだものだ。
 そういえば、朝のニュースやワイドショーの時に「運行情報」のコーナーがある。朝食を用意している時に「うんこー」という言葉がどうも下品に聞こえるんだよなと感じていたのだが、どっかの局では「トラフィック・インフォメーション」に変わっていた。同じ事考えてクレームつけた人がいたんだろう。でも、もう少しわかりやすい日本語はないものだろうか。単純に「交通情報」とかでも良くなくない?

10月12日(金曜日)曇り

 先日、ネットの情報で、Deep PurpleのHighway Starのカバー動画を見た。カバーと言ってもプロだったと思う。そのバンドにはオルガン担当のキーボードがいない。オルガン・ソロはどうするのかと思ったら、丸々カット。ギターは二人いるのでツインリードは完璧に決めていた。ただその演奏を見ていて思った。これってやる必要はあるのだろうかと。
 考えてみればクラシックの有名な曲というのは自演の録音データというのは残っていないものがほとんどだ。バッハやベートーベン本人が演奏したものが聴けたらいいなと思うけど、その時代は録音ということができなかったのだから仕方がない。ところが、それが原因で永遠に最上の表現探しをやっているのがクラシックというジャンルだと聞いたことがある。ところがジャズやロックの時代は本人の録音が残ってしまっている。だから何をやってもオリジナルの当時の演奏は絶対に超えられないんじゃないかと。じゃ、何のためにやるんだろう?もちろん趣味としては楽しいだろうけど、自分を認めて欲しいために演奏するのは意味が無いことなんじゃないだろうか。

10月13日(土曜日)曇り


 朝のウォーキングでいつものコースを歩いていると、台風の影響で巨木が倒れた箇所に着いた。一瞬何も変わっていないように見えたが、近づいてみると写真のようにいくつかに切断されている。そうか、大きいままだとどうにもならないからこのくらいの大きさに切ってから運び出すということね。この巨木が倒れかけていて分からなかったのだが、この巨木をギリギリ支えていた幹の二股に分かれた木というのも、もともとそういう形をしていたのではなく、台風の突風で裂かれて二股になったことが判明。ものすごい風の威力だったんだ。

10月14日(日曜日)曇り

 テレビでNHKにチャンネルを合わせたら、気になるニュースが流れた。「アップルに対抗 各社が新型スマホ相次ぎ発表」。なんかひっかかる。民放なら別に気にしないが、NHKがねえ・・・。そもそもスマートフォンはiPhoneが出るまでは全然違う形をしていた。物理キーボードを搭載していたし、画面サイズももっと全然小さかった。それがiPhoneが発表された後は、スマホはみな同じデザインになっていく。そして昨年、アップルがiPhone Xで前面にノッチと呼ばれる、液晶の切り欠きをデザインした機種を発表すると、あれほど不評だったにもかかわらず、ほとんどの高機能スマホがみな同じデザインになった。何が言いたいかというと、アップルはすでにスマホの先を次の土俵と決めていると思う。それはとりあえずApple Watchだろう。今年心電図が計れることを発表したが、おそらく何年もかけて、もっと健康管理に特化した機能を満載にしてくるはずだ。そうなれば絶対に手放すことは出来ないし、誰だって健康に長生きしたいわけだから、手に入れようと考えるだろう。
 では対抗する企業はどうすればいいのか。スマートウォッチを開発していてはダメなのだ。もうすでに勝負はついてしまっているのだから。スマートウォッチではない土俵を新たに作らなければ、いつまでもアップルの後追いから抜け出せないだろう。
 しかし、1995年にアップルがこれほどの立場になると誰が想像しただろうか。

10月15日(月曜日)曇り


 3ヶ月に一度、東京女子医大で検査している糖尿病だが、今回は新しい機器のモニタリングテストに協力することにした。その機器とは「グルコースモニターシステム FreeStyle リブレ」というもので、腕の脇あたりに小さなセンサーを付けておいて、センサー(昔のポケベル程度の大きさ)を近づけると、その時の血糖値を表示してくれるというもの。つまり血を採る必要が無いのだ。1ヶ月間そのセンサーを脇に付けたままにしなければならないのと、7回ほど指に針を刺して試験紙で血糖値を計らなければいけないこと、2週間ごとに病院で正式に血糖値を計らなければいけないことが義務だ。僕は医学に貢献できればと思い、このテスト(人はモルモットと言う(^_^;)を引き受けた。
 その開始日が15日の月曜日だったわけだ。午前11時30分に予約されていたので、事前採血もあるしと思って11時に病院着。なんだか採血ルームがものすごく混んでいる。待ち時間は1時間以上!あらら、ちょっと遅れてしまうな、仕方ないかと思ってお昼の12時頃に採血。そして診察を行うフロアに行ってみると、「検査結果が出るのに1時間くらいかかります。その間に昼食を取りに行きますか?」と聞かれた。ええ、そんなこと聞いてない。午後に予定を入れていたらどうするつもりだったんだよ!と思いつつ、許可をもらって外出。

 モスバーガーに入る。なんでもデミグラス牛カツバーガーという期間限定メニューがあるので、頼んでみた(単品で撮ってもインスタ映えするわけじゃないので写ってないけど)。僕は今まで牛カツで感動したことは無いので心配していたが、案の定、リピートはしないかなという感じ。
 1時に病院に戻って順番を待つも、担当の先生は集中して混み合っているらしく、なんと診察に呼ばれたのは午後3時だった。3時間半遅れ。まあ、病院じゃよくあること。なんたって健康で暇じゃないと病院には行けないからね。

10月16日(火曜日)曇り


 来年の2月に東京で山下和仁のリサイタルが行われる。もちろんチケットはゲットしたのだが、プログラムが・・・プログラムが・・・オール・ソルって。しかもグランソロや魔笛をやらずに、すべて練習曲って・・・。もう何考えてるんだか。さすがにこのプログラムでは友人を誘う気持ちにはなれず、一人で参戦。
 友人のところでiPhoneを6sからXs Maxに買い換えるということで、復元のサポートに行く。すでに古い方の6sはバックアップを取ってあるとのことなので、新しいXs MaxをMacにつないでみると、iTunesがアラートを出した。「十分なアクセス権がありません」とかなんとか。なんじゃこりゃと思ってググってみると、iTunesのバージョンが最新ではないだろうとのこと。調べてみると、確かにアップデートがあった。ダウンロード&インストール。これで大丈夫だろうと思って、Xs Maxを接続してみると、iOSのバージョンが古いので復元できませんとのアラート。ええ?と思って調べてみると、新しく購入したXs Maxは出荷のタイミングから最新のOSではなくなっていたのだ。こちらもダウンロード&インストール。
 これでやっと復元完了。ところが、最後のダメ押しでdocomoのキャリアメールを復活させなければいけない。この作業は「My docomo」というサイトに接続して初期設定をインストールを実行しなければならない。実行すると、iPhoneのアプリとしてdocomo固有の「dマガジン」だの「dカーシェア」だの「dミュージック」だの何十個かのアプリアイコンが団体さんでドワ〜〜と追加された。これだから、どうもdocomoのiPhoneって好きになれないんだが。もちろん友人は1個1個アイコンを削除し始めた。
 スマホがいくら簡単になったとはいえ、こういう作業をしていると、まだまだ一般人には敷居が高いなと実感する。やっぱりスマホの夜明けは果てしなく遠いと思った1日。

10月17日(水曜日)晴れのち曇り


 台風被害の後、また別の散歩コースを歩いてみた。すると春になると綺麗なはずの桜の木が折れて「危険立ち入り禁止」の黄色いテープが貼られている箇所がいくつもある。ええ!ここの桜はもう見られないんだ!! というショック。こんなにも今年の台風の風はすさまじかったのかということを見せつけられる。写真はまた別の場所。景観が変わっていくな。今年は地震、大雨、台風と本当に災害の多い年だった。

10月18日(木曜日)曇り時々晴れ

 長らく閉まっていたApple Store渋谷が10月26日の金曜日にリニューアルオープンするとのニュースを見た。たぶん、初日はTシャツが配られるのだろう。どうしたものか。今までだったら始発で並んでハイタッチで入場と共にTシャツをゲットしたのだが、さすがにそういう歳でもないだろうという、ちょっと冷めた気分。今年最大級に忙しいこの時期にわざわざ疲れる事しなくてもいいんじゃね? とも思う。はてさて、どうするか。

10月19日(金曜日)曇り時々雨


 大学の「メディア作品分析II」という授業では、荒井由実のレコード「コバルトアワー」をカセットテープにダビングするという実験。はたしてレコードを直接聴く音と、カセットにダビングして聴く音では音質の違いは分かるのか。まずダビングしながら、レコードの音を聴く。次にダビングしたテープを聴く。どうやら学生さんはそれほど音質劣化を実感していないようだ。それでは、ダブルカセットデッキの利点を生かして、今度はダビングしたテープをさらにダビングして孫テープを作ってみる。これを再生すると、さすがに変化に気がつき苦笑している。さらに、テープを早回しにして短時間でダビングする高速ダビングを実行してみると、信じられない!という目つき。そりゃそうだ。スピーカーからはコントで流れるような早回しの音楽がキュルキュルキュル~と流れているんだから。「倍速ダビングをする時は、もちろんスピーカーから音を出しながらは行わないんだよ」と付け加えた。

10月21日(日曜日)晴れ

 今年は楽器フェアの年だった。最初は行く気マンマンだったのだが、ちょっと忙しくなり、スケジュールを調べてみた所、今年はカシオペアのキーボーディストの向谷実さんが出演するステージが無いようなので、諦めることに。あの人の即興作曲「弾きすて」って凄く好きだったんだけどな。
 テレビのニュースでもやっていたが、今年の紅葉の色づきは今ひとつらしい。あまりにも日差しがきつかったことと、台風による影響で葉っぱが綺麗に赤くならずに茶色く焦げたような感じになってしまっている。来年こそは綺麗な紅葉になってもらいたいものだ。今年は忙しくて、なかなか紅葉ドライブには行けなさそうだけど、今のところ、来年はゆっくり秋を満喫できるだろうから・・・って来年のことはまだ分からないかな。

10月22日(月曜日)晴れ


 秋葉原にて、ポケモン GOのオフ会が開かれた。参加者は僕を入れて3人。平均年齢はアラカン以上。ものすごい濃密。お二人とも僕よりも年上。なのにポケモン GOに対しては熱い。僕よりもレベルが上のカリスマ美容師さんは、Plusやオートキャッチなど器具なしでレベルを上げている。カーブボールを投げる仕草なんてほぼ芸術の域。
 場所は秋葉原の虎連坊という日本酒系の居酒屋さん。月曜日だというのに、まあサラリーマンが元気元気。写真は締めの黒豆アイス。絶品。